上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疲れました・・・というのもうちの学校で、詳しく言うとばれるのですがある○人の方の特別講義があったのです。
ていうかその担当をやってたわけですよ。
流れを考えて資料コピってポスター貼って机立ててピアノ出してうんたらかんたら。
もう、全身筋肉痛ですかこれ。
この話題はあんまり触れると変な検索に引っかかるのでやめますが・・・まぁそんな感じで忙しかったのです。
よーやく一段落。

そんな今日は2つUPしようと思ってたのですが無理でした。
ので、Wiiの事と三丁目の夕日の事。


ほんとはWiiの話題のが最後にしようと思ったのですが、以下が思ったより長くなったので順番入れ替えます。

てことでWii。


「Wii:リモコン“手離れ” 米ネットで話題に」




(´゚д゚`)



いやまぁ・・・そんなことが起こるとは思ってたけどさ。


「Wiiのテニスゲームで遊んでいる男性が力強くリモコンを振ると、ストラップがとれてリモコンが飛んでいく、というもの。このほか、Wiiリモコンが当たってひびが入ったというテレビ画面や照明、壁などの画像がインターネットにアップされている。中には、リモコンによって割れたガラスで手を切り、流血している画像もある。」

よっぽどですね・・・てか。



やってる方が力み過ぎなんじゃね?


実際、任天堂の方にはストラップが取れるなどのトラブルの情報は入ってきていないらしく、面白おかしく投稿されたのでは?っていう声もあるそうな。

まぁ・・。ゲーム機分解したり、叩き割ったりってのが実際あるからなぁ。世の中には人が、考えたとしても実践したく無いことをあえてやる人もいるようです。
しかしながら、ただ任天堂に報告して無いだけとも限らんしなぁ。もしくは、日本で発売する前だしマイナス情報は広めたくないとかも考えられる・・・。
全部憶測でしかないですけど。

ただ・・・一つ言ってイイデスカ。



面白おかしくねーよ。





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


さて、今日の金曜ロードスターじゃなくてロードショーは「ALWAYS 三丁目の夕日」でしたねー。
見たい見たいと思いつつ結局映画館には行かなくて、テレビでやるのを今か今かと待ち望んでいたのですが、ようやく放映されましたね。
思った通りツボにハマりました。
なんだろうこれ。
明らかに経験して無い年代の話のはずなのに、なんだかとても懐かしくて。
最後の方ボロ泣きだったのは内緒です。
いやぁ、なんだか、自称現代を好きではない現代っ子としては、この時代って一番生きてる実感がひしひしと伝わってくるというか。。

たった数十年ですよ。
それでこれだけ変わってしまうんですね。
世の中も、人の心も。

そんな言うほど変わってないじゃん、と思う方もいるかもしれませんが、わしはそうは思いません。
何でも揃う場所があり、家で世界中の情報を知ることができ、食うものにも困らず、何年も先の未来を見通し・・・と、まぁ軽く上げてもこれだけあります。
でも根本的に言えば、世界が急速に拡大した、ということです。
もちろん比喩ですが。
気にしなければいけないことが増え、制限も増え、世間の目が突き刺さる。
知るべき事が増え、知らされる事が増えて溢れかえっています。
それはもちろん、安全で住みよい世界になるために必要なことでしょう。過去の失敗から経験を経て、再び同じ事を起こさないために対策を立てる、至極当然のことです。
当然の事、というのは分かるのですが、だからでしょうか?
生きているという気が全然しない。
昔はそんなに行き届いていませんから、自ら嫌な事やつらい事を経験してきました。そうやって、生きている事を実感させられてきたんだと思います。

住みよい世界は暮らすものにとっては快適です。
それは当然なことです。そうなるように今の大人たちが頑張ってきたのですから。そして少しずつでも実現してきたから今こうやって住みよい世界になったのだと思います。

ですが。


わしは、住みよい世界が、成長するものにとって快適だとは思わない。


快適は、向上心を失わせます。貧乏だったら金持ちになりたいと思うし、失敗すれば成功したいと思う。そういった向上心は、快適では生まれないと思うのです。

なぜなら、住みよい世の中は、「暮らしていける世の中」なのであって、「改善しないと暮らしていけない世の中」というわけではないのです。

暮らしていける世の中であれば当然、ある程度満足しています。
満足していては、変えればいい場所がわからない。

今の大人たちの何割かは、こういうものがあったら、という欲望や、あるいは嫌な事に反発して、こういう事を味わせることのないように、といった経験から少しずつ世界を変えてきました。

昭和の三種の神器(白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫)なんかがいい例ですよね。

今はどうでしょうか?

今は、こういうものがあったら、という欲望ではなく、これのここがこうなってるものがあったら、というような、まず始めにモノありき、の進歩になってませんでしょうか。

そりゃー便利を目指してるんだからどんどん便利にゃなりますよ。ならないと詐欺です。

でも。新しく生まれてくるものがない。


昔は生産の時代、今は改良の時代なんだと思います。

それはやっぱり、今あるものに満足しているからで、その満足度合いを
さらに増やすしか方向がないから、ではないでしょうか。


そして気になる事。

モノに関しては今ので事足りると思いますが、一方で、最近問題が多く起こっているのは精神、心ですよね。

そう、心です。つまり。

今のこの住みよい世界に対して、反発する人が現れないとも限らない。むしろもう現れてると言ってしまってもいいと思います。

その反発にも方向性は様々あります。

正しさを疎ましく思ったり。
危険な世界を夢見たり求めたり。
自らの世界に閉じこもってしまったり。
自らの身の回りしか現実だと思えなかったり。
ここではない別の世界を求めたり。
あるいは死ぬ事で全てを放棄したり。


そして・・・。

住みよい世界に反発して、もっと生を実感できる世界を求めるものが現れ始めるのも、時間の問題だと思いますけどね。


で、長くなりましたが、今がいくら便利な世の中になっても昔が人気あるのは、そういう別な充実感があるからなんだろうなぁと思ったりしたわけです。

古き良き時代。
昔はよかった、なんて言葉は、廃れる事がないんでしょうねぇ。


ご静読ありがとうございました。
次回更新は前回のオーラの泉の話についてでも。


ではでわ。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sousousou.blog12.fc2.com/tb.php/113-735a3097
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。