上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぁさぁ、早速やってきましたよ!

もうね、電源入れてから放置する事15分くらい。

いや、ぼーっとしてたとか違いますよ!?

いろいろ見てたわけです。

バトルデモだったり~、オープニングムービーだったりー。

これがまたイインデス!


ってことで一日目。

早速ながら、出るごとに極まってく感のあるCGの綺麗さにウットリしました。
今回キャラデザが変更になった理由として、CGにしやすいデザインの人を選んだ、というようなコメントを金子氏(WAの生みの親)が語ってたのですが、なるほど、見事に違和感が無い。
大峡和歌子さんという方が、3からキャラデザを担当されてたのには理由が?ありまして。
というかほんとかどうかは知らないんですけど。
以前マガジンZ?で、この方が「WildArms花盗人」という漫画を描いてまして。そこで見初められたはずです、たしか。
そのせいでか、漫画の方は2巻で終わっちゃったんですけど・・。
で、この方、漫画家ということもありまして、絵が上手い、だけどやっぱり漫画絵なわけです。
そしてもともとWAはポリゴン戦闘シーンだったわけですが、3で大幅に進化したものの、やっぱ立体的な漫画キャラって少し違和感があるんですよね。
それでも3→F→4となるにつれて格段に違和感は拭い去られていたのですが・・。
でも、今回キャラデザが変わってどうなることかと心配してましたが、やっぱそこはさすがWA。やってくれました。

すんげー綺麗。違和感0。しっくりくる。

いいですねぇ(゚∀゚)


余談ですが、個人的に大峡和歌子さんと麻生かほりさんは秘密裏に動いてそうな気がしてます。



以下、ネタバレ注意。ストーリーまだ知りたくないんだよ!って人はここで引き返すとイイヨ。

さて、物語は枯れてゆく荒野の星「ファルガイア」を舞台に、意思持つ機械集合体「ゴーレム」のパーツを掘り当てるため、主人公「ディーン」が遺跡にやってきたところから始まります。


と、ここで不満を挙げるならば・・・やっぱ3Dって綺麗で立体感あっていいんだけど見辛い。
カメラを動かして視点変えつつ移動ってのがちょっと慣れないなぁ・・・まぁある程度までは自動でカメラが動いてくれるんだけども。


で、無事パーツを掘り当てて村へ帰るディーン。トニーじいちゃんに鑑定してもらって、それが本物だと分かると大喜び。


出ましたトニー!今度はじいちゃんですか!?
トニーってのは・・・まぁなんというか、WA全作品においての火付け役。物語はトニーから始まりラギュ様にて終わる、と言わしめるほどの重要人物なんだトカ。
というかディーンの武器のシャベルが「ブラックフェンリル」だったり、家の中に「ジャガーノート」「ドゥームブリンガー」などがあるところは歴代WAファンにとってはたまらない!


遺跡の途中で見つけた手帳を、幼馴染?のレベッカに返し、今度はなにやら決意を秘めて二人で「神々の砦」という山?へ行く事に。



アウトフィールドがなんだかすげー立体。臨場感文句なし。ただ方向音痴には辛い、けどそれは町の中で情報集めれば回避可能。


神々の砦の奥へ向かいながら、ディーンはレベッカに、村を出ようとしてる事を打ち明けます。しかし一人前の証、荒野を生き抜くにかかせない「ARM」をまだ持たないディーンに、現実はそんなに甘くない、と反論するレベッカ。ディーンは、神々の砦のまだ行ったことない奥地まで行けたら認めてくれ、と条件を出し、二人はさらに奥へ向かうことに。


神々の砦の奥へ進んでいると、なにやら笛のような音が聞こえてきます。そこで空を見上げると、巨大な片腕がひゅるるるる。地面を突き破って洞窟の奥で止まった腕へかけ寄るディーン。するとその腕が開き、中から滑り落ちてきたのは女の子でした。


いやまぁツッコミどころは満載でも、このゲームに関してはあえて発動させずにじっくり楽しんでいきますヨ。でも、話の展開的に今後が楽しみだなぁと思う。


女の子が覚えていたのは、「アヴリル」という自分の名前と、「ジョニー・アップルシード」という言葉だけ。そして大事そうに抱きかかえた何かをもって、3人は一度村へ戻ることに。
ところがその帰り道、見知らぬ魔獣に襲われて逃げる最中、アヴリルが落とした大切なものをディーンが拾うと、それは二挺拳銃のARMでした。そのARMとレベッカのARMで敵を撃退する3人。アヴリルは、ARMをディーンに託します。

かくして、村に戻った3人は、アヴリルの記憶と「ジョニー・アップルシード」、そして空から降ってきたゴーレムの腕の残りを探すために今度は、遥か北の都市へ旅立つのでした。




とまぁ、昨日プレイできた範囲はこの辺まででした。


ストーリー展開がやっぱシビレますね、WA。ありきたりかもしんないけど、そこをそうさせないってか、王道を貫きながらも邪道、みたいな?
何が言いたいのか自分でもわかりません。


んでは早速今日もプレイしてきますよ!


ではでわ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sousousou.blog12.fc2.com/tb.php/120-7fcb3ab8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。