上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見に行ってきました。

友人が映画途中で寝たとか、微妙とかいう話をとかくいろいろと聞いていたので、こりゃー一度見ておかねばと(オイ)思い、行ってきました。

平日で、もうしばらく経ってるせいか、何百人入るスクリーンにいたのはせいぜい40人ほど。
リピーターがいないのかなと思います。ま、土日は多いんだろう。

で、映画。

極々個人的に言うと、良かった。

手書きの優しいタッチとか、くるくる変わる表情とか、ああ、さすがジブリだと思わせてくれました。
しかしまぁ、とことんのんびりほのぼの系な映画を目指したんだろうかね。

ネタバレを避けながら感想って難しいが・・・。

やっぱジブリってことを期待していく人がいっぱいいるんだろうなと改めて思った。
映像は綺麗だし、ジブリらしさは出てるし。それでも求めるものが多くて、それに対してのポニョという風に考えると、はっきり言って物足りない。
全体を通して一番思ったのは、なんと説明が少ないんだろうかということ。
映画中のあらゆる事に対しての説明がされない。
いろんなことが、なぜ?っていう風になる。
それは・・・思うに、子供向けの映画を目指したという点の過ちかな。
説明したって子供にゃわからんから省いたのかもしんないし、余計な時間かかるからかもしんないし。

子供向けっていう点で、トトロみたいなのを思い浮かべると思うんだが、あっちの方がまだ説明があった気がする。

ま、そういうわけでか、大人たちは皆意味がわからんのじゃないかな?w
で、子供達のほうは、いきなりいろいろあり過ぎてよくわからんまま終わった、っていう印象を受けた。
事実、前で見ていた子供達がぐっすり寝てたのにはウケたしw


わし個人としては、なぜ?って思うところは全部、こういうことかな~とかいろいろ思い浮かべながら見れたし(それがあってるのかどうかは別)、ポニョと宗介が可愛かったし、世界観もなかなかよかったし、楽しく見れました。
というか、皆順応力高すぎw何が起きても誰も動じなさ過ぎるww


今は技術も進歩したおかげで特に、直接系な表現が多いから、におわせ系とか、視聴者の想像に任せる作りってダメなんかなぁ。


いろいろと起こってる事が凄すぎる割りに、凄く日常的な感じのする映画でした。わしそういうの好物なんだけどねー。なかなか。。


ま、もう一回見たくなったのでまた行ってくるかもしれません。




今日の初音ミク


「Last Night.Good Night」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sousousou.blog12.fc2.com/tb.php/163-e759c05e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。